ホーム > ピアノ曲事典 > 平吉 毅州 > ピアノのための《サンバ・カンシオン》

平吉 毅州 :ピアノのための《サンバ・カンシオン》

Hirayosi, Takekuni:Samba Cancion

作品概要

作曲年:1992年 
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (406文字)

更新日:2018年4月25日
[開く]

《サンバ・カンシオン》は、1992年、ピアノ・ソロ作品として作曲され、作曲者自らの手で、 ピアノ連弾作品およびクラリネットとピアノのために編曲された。1998年5月28日に61歳 で他界した平吉毅州の遺作集(カワイ出版)の中 に、《ハバネラ》、《初恋》と共に収められている。

タイトルの “Samba Canción” という語はスペイン語であり、“Canción” は「歌song」という意味を持つ。流動的で、哀愁漂う主旋律が楽曲全体を通じて登場する。南米アルゼンチンの民謡の形式で、ピアノ・ソロのヴァージョンでは、右手が8分の6拍子、左手が4分の3拍子で書かれており、その対比が楽曲に独特の余韻をもたらしている。 また、《ハバネラ》(1995)と本作は作曲年が前後しているが、作曲者の意図するところによると、2曲続けて演奏する際には、《ハバネラ》 、《サンバ・カンシオン》の順番で演奏することが求められる。

執筆者: 今関 汐里

ピティナのYoutubeチャンネル (1)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。