ブルグミュラー :18の性格的な練習曲 子守歌 Op.109-7

Burgmüller, Johann Friedrich Franz:18 Etudes de genre (faisant Suite aux Etudes faciles op. 100) Berceuse Op.109-7

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ベルスーズ(子守歌)
総演奏時間:1分30秒
著作権:パブリック・ドメイン

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:応用3 応用4 応用5 応用6 応用7

楽譜情報:10件
  • クリックして画像を開く
  • tab
34160 1

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (527文字)

更新日:2020年11月30日
[開く]

Andante con motoと書いてあります。1小節目には、cantabileと書いてあります。この曲は自由に歌うようにと言う風に理解します。よって、テンポを揺らすルバート奏法が必要になります。

ではどのようにルバートをかければ良いのでしょうか?1つの方法として、メロディーラインだけをピックアップして弾いてみましょう。その時、左手で3和音を1つだけ、1拍目に弾くと良いです。

そうすることで、16分音符の呪縛に囚われず、自由に、即興的に歌うことが出来ますね。15小節目などゆっくり時間を取って32分音符を、決して急がずに滑らかに弾いてみましょう。このように、数回メロディーラインのみを弾く事で、何処に時間を取るべきか取らないべきか、おわかりいただけることと思います。

例えば13-14小節間、フォルテから始まるのに13小節目の3拍目には既にdiminのマーキングがありますね。そして14小節目はpになっています。このような、急激な強弱の変化を見つけたとき、あまりにもメトロノームに近い演奏をしてしまうととても弾きにくい場所である事が解ります。このような場所は充分な時間を取り、強弱の変化が自然に聴けるようなルバートをかける、と言った具合です。ご参考まで。

執筆者: 大井 和郎

ピアノ曲事典オーディション入選&参考動画(1件)

Music Boxのお勧め

楽譜 (8件以上)全件みる