プロコフィエフ :束の間の幻影 第19曲 Op.22-19

Prokof'ev, Sergei Sergeevich:Visions fugitives Presto agitatissimo e molto accentuato Op.22-19

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:1分00秒

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (457文字)

更新日:2018年4月10日
[開く]

冒頭の、ridicolosamenteの話しになりますが、rigorosamenteとは異なります。こちらは「正 確に、厳格」にという意味です。ridicolosamenteは、英語ではridiculouslyと訳され、これは「馬 鹿げている」と訳せます。プロコフィエフの音楽は時に「道化」を描写することもあり、 ridicolosamenteは、道化のような「馬鹿げたもの」を描写するという解釈で良いです。 彼のレコーディング(プロコフィエフ自身のレコーディング)を聴きますと、テンポはかなり揺れ ます。正確に歩けないような道化を描写しているのかもしれません。そして冒頭からsostenutoマー キングが書かれてあります。察するに、3小節目メロディーラインのFであったり、7小節目、メロ ディーラインのFであったりする部分に、長めに伸ばすという解釈で良いと思います。 14ー16小節間、少しアチェルランド気味に16小節目の最後のメロディーラインDに向かいます。 逆に18ー20小節間、テンポを少し緩ませます。

執筆者: 大井 和郎

楽譜 (1件)全件みる