ホーム > アルベニス > マリョルカ島(舟歌) 嬰ヘ短調

アルベニス :マリョルカ島(舟歌) Op.202 嬰ヘ短調

Albeniz, Isaac:Mallorca(Barcarola) fis-moll Op.202

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:舟歌
総演奏時間:6分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (204文字)

更新日:2007年12月1日
[開く]

嬰へ短調、8分の6拍子、アンダンティーノ。1883年以前に作曲されたとされる、アルベニス初期の作品。 マリョルカ島は、ショパンがジョルジュ・サンドと過ごした島として有名である。二拍子系の舟歌の揺れにのせて、ロマンティックな旋律が終始ゆったりと歌われていく。冒頭に、ショパンのバラード第一番の旋律が用いられているところが興味深い。旋律の音の動きにあわせて、音に陰影をつけていくと繊細な美しさが表現できるだろう。

執筆者: 和田 真由子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)