サン=サーンス :左手のための6つのエチュード ブレー Op.135-4

Saint-Saëns, Camille:6 Etudes pour la main gauche seule "Bourree" Op.135-4

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

解説 : 中西 充弥 (281文字)

更新日:2019年4月12日
[開く]

ブレー:モルト・アレグロ、ト短調、二分の二拍子。〈フーガのように〉の同主調で同じ4度の跳躍で始まり、〈無窮動〉を挟んで対を成す快活な踊りである。中間部とコーダはト長調となり、ウナ・コルダの指定で、部分全体を通して奏されるペダル音上に流れるような旋律が歌われる。ブレーは元々オーヴェルニュ地方等を起源とする舞曲であるから、バグパイプやハーディ・ガーディのドローン音の名残ともとらえられる。

執筆者: 中西 充弥
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。