ホーム > リスト > ハンガリー狂詩曲 > 第2番 嬰ハ短調

リスト :ハンガリー狂詩曲 第2番 S.244 嬰ハ短調

Liszt, Franz:Ungarische rhapsodie No.2 cis-moll

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:11分00秒

解説 (1)

解説 : 岡田 安樹浩 (289文字)

更新日:2019年1月9日
[開く]

第2番 嬰ハ短調

曲集中もっともポピュラーな作品。随所にカデンツァを挿入する箇所があり、リスト自身も複数のカデンツァを残している。ホロヴィッツがアレンジして演奏したことでも知られる。

細かな装飾音符による導入部に導音をジプシー音階風に用いた主題が印象的なLassanが続く。Lassanの中に既にツィムバロムを模した主題があらわれており、これがFriskaの最初の主題となる。この楽曲のFriska部分は、更にジプシー音階風の主題(嬰へ短調)でテンポを上げ、Vivaceの力強い主題(嬰ヘ長調)や「クシコスポスト」で耳なじみの主題が次々とあらわれる。

ラースロー・テレキー伯爵に献呈。

執筆者: 岡田 安樹浩

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。