ホーム > リスト > 愛の夢-3つのノクターン > 第2番「私は死んだ」 ホ長調

リスト :愛の夢-3つのノクターン 第2番「私は死んだ」 S.541/2 R.211 ホ長調

Liszt, Franz:Liebestraume - 3 notturnos No.2 E-Dur S.541/2

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:4分00秒

解説 (1)

解説 : 伊藤 萌子 (362文字)

更新日:2019年1月14日
[開く]

以下の解説については、まず独唱歌曲についての情報を記し、その後ピアノ編曲の情報を記してある。

第2番 ホ長調「私は死んだ」 / No.2 E dur

第1番と同様にウーラントの詩による独唱歌曲(S308)として、1846年に完成し1850年に出版。詩の大意は「私は愛の喜びの眼前で死んだのだ。彼女の両腕の中に葬られ、彼女の口づけで目覚め、彼女の瞳の中に天を見た」というもの。

1850年に作曲・出版されたピアノ編曲版では、複縦線で区切られた部分までが、もとの歌曲に対応する箇所であるが、第1番と比べてよりピアニスティックに編曲されている。その後装飾を伴って再び主題があらわれるが、主題の後楽節は和音の連打によって劇的なまでに盛り上げられている。

関連作品として、1865年に完成した「5つのピアノ小品」の第一番 ホ長調が挙げられる。

執筆者: 伊藤 萌子