ホーム > ショパン > エチュード集(練習曲集) > 第11番「木枯らし」 イ短調

ショパン :エチュード集(練習曲集) 第11番「木枯らし」 Op.25-11 CT36 イ短調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.11 a-moll Op.25-11 CT36

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:4分00秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:展開1 展開2 展開3

楽譜情報:18件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22824 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (497文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

イ短調、2分の2拍子、Lento/ Allegro con brio

冒頭の4小節は作曲当初には存在しなかったが、後に友人の提案によって追加された。右手の細かいパッセージワークの演奏が課題となる。主部では、右手は一部を除いてひたすらパッセージワークを奏で、左手が序奏の旋律を担当する。右手のパッセージワークは幅広い音域を行ったり来たりするため、腕だけでなく、上半身全体のスムーズな体重移動が要求される。

この作品は、ショパンがパッセージワークを効果的に演奏するために、小指による親指の飛び越えを認めたことでも良く知られている。

冒頭で懐古的に主題が提示されたのち、一変して主部では、パッセージワークを伴って主題が激しく提示される。中間部で一時的に長調へと転じるが、この激情性は楽曲全体を貫ぬく性格である。

また、1935年に公開されたショパンの伝記映画『別れの曲』では、ショパンが、ロシアのワルシャワ侵攻の知らせを受けた直後、演奏会で衝動的に本作を披露するシーンが描かれているが、これはフィクションである。ショパンはワルシャワ侵攻を知り動揺したことは事実であるが、この出来事と本作に直接的な関連はない。

執筆者: 今関 汐里

楽譜 (8件以上)全件みる