スクリャービン(スクリアビン) :12のエチュード(練習曲) 第9番 Op.8-9 嬰ト短調

Scriabin, Alexander:12 Etudes  Alla ballata gis-moll Op.8-9

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:5分00秒

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (177文字)

更新日:2019年3月6日
[開く]

第9曲目は、16分音符、8分音符、3連音符など、多様な音価によって、両手のオクターヴにポリ・リズムをもたらす。ディナーミクの頂点は「ff 」で、「pppp 」で曲を閉じるため、非常に幅広いディナーミクを表現することになる。中間部は、コラール風となっており、左右の拍のずれがある種の浮遊感を生み出している。作品8の中では最も規模の大きな練習曲となっている。

執筆者: 齊藤 紀子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。