スクリャービン(スクリアビン) :12のエチュード(練習曲) 第2番 Op.8-2 嬰ヘ短調

Scriabin, Alexander:12 Etudes  A capriccio, con forza fis-moll Op.8-2

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:2分00秒

解説 (1)

解説 : 齊藤 紀子 (222文字)

更新日:2019年3月6日
[開く]

第2曲目は、スクリャービンに特有のポリ・リズムの練習曲。5連符を基調としている。スクリャービンは、この曲のような3対5の数比を特に好んで用いた。テヌートやスタッカート、スラーなど、多様なタッチが求められる。30小節足らずで、演奏時間も約1分と短い曲ではあるが、曲が進むにつれ左手の音域が広がっていくなど、推進力の変化がみられる。なお、幅広い音域を扱う左手の分散和音は、右手を痛めたピアニストというスクリャービンならではの音形と見ることもできる。

執筆者: 齊藤 紀子

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。