シューマン :ユーゲントアルバム(子どものためのアルバム) 大晦日の歌 Op.68-42

Schumann, Robert:Album für die Jugend "Sylvesterlied" Op.68-42

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:2分00秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
21652 1

解説 (1)

解説 : 鄭 理耀 (195文字)

更新日:2019年10月6日
[開く]

イ長調、4分の4拍子。冒頭に「ほどよい速度で」の指示。スケッチや印刷底本の段階では、〈終わりに〉と題されていた。一年の最後の日である「大晦日」は、曲集の最後を締めくくるに相応しいワードである。ここからも、この作品が四季をテーマに構想されていたことが明らかであろう。右手が全体的に和音で動いていくので、しっかりと各和音を掴みながら、メロディー・ラインを美しく歌うことに注意しなければならない。

執筆者: 鄭 理耀

楽譜 (5件)全件みる