ホーム > サリュトリンスカヤ > ロシアのうた

サリュトリンスカヤ :ロシアのうた

Salyutrinskaya:*in preparation*

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (1)

演奏のヒント : 大井 和郎 (408文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

この曲の大切な部分は、如何にメロディーラインをスムーズに歌えるかという事であると思います。曲にはAndanteと書いてありますが、これが遅すぎてしまうと、この曲は大変辛い流れになります。なぜなら、この曲は1拍毎に表拍に音符が書いてあり、縦割りの音楽になりやすいからです。くれぐれも機械的に、ゆっくりと、コンピューターのように弾かないことでしょうか。冒頭はカノンになっています。それぞれの声部にそれぞれ適切なシェーピングを与えましょう。  4小節目、右手にEが2つ、1拍目と3拍目に出てきます。このE2つを同じ音量で弾かず、3拍目を消えるように弾きます。  5-6小節間、シークエンスですので、ダイナミックの変化を付けます。  7小節目、ritがありますが、8小節目にリピートマーキングが書いてあります。1回目と2回目、もしも1回目からritを守るのであれば、1回目は少なめに、2回目は多めにritすると良いでしょう。

執筆者: 大井 和郎

楽譜 (0件)