ホーム > オーリック > 即興曲 ホ長調

オーリック :即興曲 ホ長調

Auric, Georges:Impromptu en mi majeur E-Dur

作品概要

出版年:1939年 
初出版社:Internationales
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:即興曲

解説 (2)

執筆者 : 平野 貴俊 (322文字)

更新日:2015年6月9日
[開く]

オーリックがピアノのために作曲した2つ目の即興曲。1938年に書かれ、1939年に刊行された。オーリックの創作におけるこの時期の特徴は、映画音楽の比重が大きくなったことだろう。1937年には、彼が音楽を手がけた映画が10本公開されている。1938年に作曲された作品のうち、演奏会で初演されたのは《木管三重奏曲》のみである。当時のオーリックは、映画音楽と、人民音楽連盟の理念に沿ったシャンソンや大衆向けの合唱曲に創作の中心をおいていた。  ホ長調の即興曲は、子守歌を思わせる緩やかなテンポと抒情的な旋律を特徴とし、ト長調の快活な即興曲とは対照的である。フェヴリエの録音でも行われているように、2曲を並べて弾くことで、対比を際立たせることができる。

執筆者: 平野 貴俊

成立背景 : 平野 貴俊 (272文字)

更新日:2015年6月9日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。