Damase, Jean-Michel:Apparition

作品概要

作曲年:1967年 
初出版社:Salabert
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (1)

執筆者 : 平野 貴俊 (432文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

1967年にダマーズが作曲したピアノ曲。演奏時間約6分。タイトルの Apparition は、ドビュッシーの歌曲に用いられたことでも知られるマラルメの詩「あらわれ」を想起させるが、ダマーズがこの詩にインスピレーションを受けて作曲したかは定かではない。なお apparition には「幻影」、「幽霊」といった意味もある。曲は高音域主体の短い導入で始まり、3度と2度を中心とした、変ト長調の素朴で穏やかな主題が示される。モノクロームから突然色彩のある画面に移るかのような、導入から主部への転換は鮮やかである。アニマンドとなり、両手ともに動きに自由さが加わると、伸びやかで主題と同じく個性的な旋律が右手に現れる。次いで、その旋律を支える音型が密になり、速度とダイナミクスの増大が一区切りしたあと、テンポ・プリモで主題が回帰する。ここで主題を彩る走句はダマーズお気に入りの音型である。連続する3連符を背景として、主題の軸である3度の音型が繰り返し現れるうちに幕を閉じる。

執筆者: 平野 貴俊
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。