スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.102 L.89 ト短調

Scarlatti, Domenico:Sonata g-moll K.102 L.89

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:3分50秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (231文字)

更新日:2012年7月30日
[開く]

K. 102 Allegro 3/8 ト短調

前半は属調に転調する。第25、33、41小節から始まるゼクエンツの和声は属調の減7和音と主和音の交替と分析できるが、弱拍にg-mollの音階固有音c音が現れるため、調性は二義的である。反復 記号直後は作品冒頭の動機を用いて転調が行われ、第65小節のg-mollの偽終止から前半第11小節以降が回帰する。第17-24小節に対応する第71-78小節は、8分音符の伴奏音形を伴うc-mollのゼクエンツに書き換えられている。

執筆者: 丸山 瑶子
現在視聴できる動画はありません。