スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ K.69 L.382 ヘ短調

Scarlatti, Domenico:Sonata f-moll K.69 L.382

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:4分30秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (205文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

ファディーニ校訂版では速度標語なし。f-moll 3/4

掛留の多いポリフォニックなテクスチュアと上声が分散和音のゼクエンツとなるホモフォニックなテクスチュアの交替から成る。掛留や半音進行を多く含む前者と、一定の和声リズムを持つ後者とは和声面でも対照的だが、付点4分音符、8分音符、4分音符のリズム動機は両者に共通であり、間断なく続く8分音符の補填リズムと共に、作品全体の音楽に統一感を生み出していると言えよう。

執筆者: 丸山 瑶子