ホーム > ミュールホーファー > 2台のピアノと打楽器のための キューバ・モザイク

ミュールホーファー :2台のピアノと打楽器のための キューバ・モザイク

Mühlhofer, Anton:Mosaicos Cubanos for 2 Pianos and Percussion

作品概要

楽器編成:室内楽 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (1)

執筆者 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (617文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

※以下は作曲者自身による解説です。

私は1983年に初めてキューバを訪れ、あっという間にその音楽や打楽器に魅せられました。以来、10回ほどこの国に足を運び、まるで不治のウィルスに感染したようにキューバ音楽の虜になったのです!!キューバの音楽を学び、友と出会い、ついにはCDを録音するに至りましたが、この経験を通してこの国の人々やその暮らし、国の状況に対して様々な感情を抱きました。

「キューバ・モザイク」はキューバの生活の中から小さなモザイク石を3つだけ集め、私の感じるままに音にした作品です。

1.Suenos (夢)

年老いた男性がバルコニーのロッキングチェアに座り、物憂げに人生を振り返っている様子を思い浮かべて下さい。叶った夢や叶わなかった夢、実った恋や実らなかった恋…そんな思い出に思いを馳せているのです。

2.Negrito(黒人の男の子)

キューバはとても蒸し暑い国。そのため、そこでの暮らしは消極性や、ある種の苦痛を伴います。

砂利道で拾い集めた石で遊ぶ小さな男の子。着古した短パンをはいたこの黒人の男の子にとって「時間」という言葉はまだ意味をなさず、ひたすら石遊びに夢中になっているのです・・・

3.Nostalgia(郷愁)

キューバには植民地時代の建物(スペインの文化遺産)が多く残っており、私はそのような建物が大好きです。着飾った裕福な家の人達が、馬車の上で日傘をさして街を行き交う…そんな当時の光景を思い浮かべて曲にしました。

楽章等 (3)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜 (0件)