ホーム > ミュールホーファー

ミュールホーファー 1958 Mühlhofer, Anton

  • 解説:ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (348文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • アントン・ミュールホーファー(1958年、オーストリア生まれ)は、クラシック音楽における打楽器演奏をウィーン国立音楽大学で、ジャズドラムをウィーン音楽院で専攻。ボストンのバークリー音楽大学に進み、より専門的な修練を積んだ。

    これまでに、ジョー・ザヴィヌル、トゥーツ・シールマンス、スティーヴ・ハケット、ジョニー・ローガン、アルトゥーロ・サンドヴァル、エディー・“ロックジョウ”・デイヴィス、ジョージ・マッソ、ジム・ギャロウェイ、ファティー・ジョージ、レオ・ライト、プラシド・ドミンゴ、アンヘル・ロメロなどど共演。

    足繁くキューバを訪れ、キューバ国立民族舞踊団のアルダマ・ペレスらのもとでアフロ=キューバン音楽への造詣を深めた後、自身のラテン音楽、特にキューバ音楽への情熱を表現するアルバムを制作した。

    <続きを表示する>

    作品(1)