ホーム > スカルラッティ, ドメニコ > ソナタ  ヘ長調

スカルラッティ, ドメニコ :ソナタ  K.59 L.71 ヘ長調

Scarlatti, Domenico:Sonata F-Dur K.59 L.71

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ソナタ
総演奏時間:2分15秒

解説 (1)

執筆者 : 丸山 瑶子 (244文字)

更新日:2012年11月28日
[開く]

繰返される音形の僅かな変化によるシンタックスの崩れが音楽を先へと進めている。例えば第6小節第1拍のト-ハの下行は直前に繰返された1小節単位の動機との共通点から、同じ動機の3回目の繰返しを予想させるが、ここでは続く音階が前2小節の第4拍の音形となり、別の素材に基づくゼクエンツへ繋がる分散和音が導かれる。同じく第19小節でも、小節後半が第18小節から僅かに変更されて新しいゼクエンツへ移行する。なお冒頭と終止が分散和音の下行で共通するのはこの作曲家によくある動機の二義的な使用と考えられる。

執筆者: 丸山 瑶子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。