ホーム > ラヴィーナ > 賢者たち

ラヴィーナ :賢者たち Op.54

Ravina, Jean Henri:Les Mages Op.54

作品概要

初出版社:Leduc
献呈先:Melles Louise Cassas et Berthe Sommier
楽器編成:ピアノ合奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:4分30秒

解説 (1)

執筆者 : 上田 泰史  (410文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

〈賢者たち〉Les Magesはユゴーの第6巻第23編の詩。1852年、ナポレオン三世が第2帝政を樹立すると、共和制に共感していたユゴーは君主体制に対抗し国外追放処分を受け英仏海峡に浮かぶジャージー島に流される。ここで彼は交霊術に没頭し、霊たちの真正性はともかく、亡き娘の霊や歴史上の偉人、さらにはキリストの霊をも呼び出すことに成功したという。1856年1月と日付が書かれた長大なこの詩には、彼が次々に呼び出した古今の「賢者たち」の名前が次々に登場する。音楽家ではペルゴレージ、グルック、モーツァルト、ベートーヴェンの名が挙がっているが、ラヴィーナの音楽ではこれらの作曲家のスタイルが参照されることはない。楽曲はロ短調の怪しげな和音連打と軽快な主題に始まる。再現部ではこの主題がロ長調に転じ高らかに歌われ、技巧的で壮麗なコーダで結ばれる。4本の手から巧みに効果が引き出され、オーケストラ的な色彩が全面に押し出されている。

執筆者: 上田 泰史 

楽譜 (0件)