ホーム > ライネッケ > バッハの主題による変奏曲

ライネッケ :バッハの主題による変奏曲 Op.52

Reinecke, Carl Heinrich Carsten:Variationen über ein Thema von J. S. Bach Op.52

作品概要

作曲年:1855年 
出版年:1856年 
初出版社:Leipzig, C. F. Siegel
献呈先:Seinem Freunde Carl G. P. Grädener
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:変奏曲
総演奏時間:10分30秒

解説 (1)

執筆者 : 上田 泰史  (569文字)

更新日:2010年1月1日
[開く]

作品24(1849年作曲)に続いて二作目となるバッハ・ヴァリエーションである。19世紀の変奏曲は、流行オペラの旋律を主題とするもの、過去の大家の作品から主題をとるもの、オリジナルの主題によるものの三種に大別される。本作は二番目のカテゴリーに属するもので、世紀中葉のバッハ協会設立を契機とする19世紀の本格的なバッハ復興運動の一面を映した最初期の作品である。バッハを近代的なピアノをとおして19世紀に蘇らせる彼の様式感覚と同化能力はメンデルスゾーン以上であり、あたかもバッハのオリジナルを聴いているような感覚に陥る。主題はバッハの組曲形式による《フランス風序曲》、第2パスピエからとられている。第8変奏の後にはカデンツァとコーダがつく。友人の作曲家グレーデナーC. G. Grädener (1812~1883)に献呈。 (上田 泰史)

THEMA Allegretto ロ長調

Var.1 Un poco più animato ロ長調

Var.2 Un poco più Lento ロ短調

Var.3 L’istesso tempo ニ長調

Var.4 Più lento ト長調

Var.5 Più mosso ロ長調

Var.6 Maestoso ロ長調

Var.7 Più lento 嬰ト短調

Var.8 L’istesso tempo ロ長調

執筆者: 上田 泰史 

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。