ホーム > ピアノ曲事典 > 三原 未紗子

三原 未紗子 Mihara, Misako

7055
  • プロフィール (1302文字)

  • 神奈川県生まれ。4歳よりピアノを始める。
    桐朋学園大学音楽学部付属子供のための音楽教室を経て桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部、同研究科を卒業し2014年に渡欧。ドイツ国立ベルリン芸術大学を最高位で卒業。平成29年度文化庁芸術家在外派遣研修員としてオーストリア国立ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学大学院に在籍し、2018年夏、首席卒業。
    これまでにジャック・ルヴィエ、ズラータ・チョチエヴァ、二宮裕子、小森谷泉、土肥由美子、山本光世の各氏に師事。

    2012年第13回ショパン国際コンクールin ASIA 大学生部門銅賞。2014年第5回東京ピアノコンクール一般部門第1位。2015年第24回ABC新人コンサート・オーディション最優秀音楽賞を受賞。2016年第62回マリア・カナルス国際コンクールにて審査員よりメダルを受賞。グランド・プライズ・ヴィルトゥオーゾ'ザルツブルグ'国際音楽コンクールin 2016第1位。第12回ルーマニア国際コンクール ピアノ部門第1位、併せて日本ルーマニア音楽協会理事会賞を受賞。2017年第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクールセミファイナリスト、審査新特別賞を受賞。第5回アルコバッサ国際室内楽コンクールにて第2位最高位、併せてポルトガル作品最優秀演奏賞を受賞する。2018年第7回せんがわピアノオーディションにて最優秀賞を受賞し、2019年2月にリサイタル予定。

    2016年第24回ABCフレッシュコンサートにて飯森範親氏指揮、日本センチュリー交響楽団と共演し、その模様とインタビューがABC朝日放送によりドキュメンタリー番組として放送された。2017年文化庁/日本演奏連盟主催 新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズTOKYO61に選出され東京文化会館にてリサイタルを開催。2018年日本ショパン協会パウゼシリーズリサイタルに出演。
    カワイ表参道'パウゼ'、ベルリン楽器博物館、在ドイツ日本国大使館、ベルリン・フランス大聖堂などでリサイタルを開催し好評を得る。
    日本財団ランチタイムコンサート、日本ブラームス協会例会、第82回読売新人演奏会、期待の音大生によるJTアフタヌーンコンサート、第20回JMCコンサート、ヤマハサロンコンサートin GINZA 2012に出演。

    ベルリン芸術大学主催Corporate Concert、 Konzert für die Nationen、Fête de la musique、モーツァルテウム音楽大学主催Futures Mastersに推薦される他、アルコバッサ国際音楽祭2018(ポルトガル)、オーフォード国際音楽祭(カナダ)、マコン夏の音楽祭(フランス)、エクサンプロヴァンス・ピアニストたちの夕べ(フランス)に出演する。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、藤沢市民交響楽団と共演。
    ソロ・室内楽と幅広く活躍している。
    オフィシャルHP https://misakomihara.wixsite.com/official
    <続きを表示する>