ホーム > 田村 文生

田村 文生 1968 Tamura, Fumio

  • プロフィール (565文字)

  • 更新日:2019年5月14日
  • 東京都杉並区に生まれ、埼玉県川越市に育つ。東京藝術大学大学院およびGuildhall School ofMusic and Drama, London大学院修了。1995年から97年まで文化庁芸術家在外研修員としてイギリスにて研修。作曲を北村昭、近藤譲、松下功、R,サクストンの各氏に師事。これまでにVallentino Bucchi国際作曲コンクール(ローマ)、安宅賞、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞、朝日作曲賞、国立劇場作曲コンクール、ジェネシスオペラ作曲賞(ロンドン)審査員特別賞などに入選・入賞。作品は、アジア音楽祭、東京の夏音楽祭、Spitalfields音楽祭(ロンドン)、The State of the Nation音楽祭(ロンドン)、アンジェリカ・フェスティバル(ボローニャ)、アジア作曲家協議会音楽祭(ソウル)2003、国際現代音楽協会(ISCM)世界音楽の日々(香港)など、各地で演奏されている。

    日本作曲家協議会、日本電子音楽協会、作曲家グループTEMPUSNOVUM、邦楽器アンサンブル日本音楽集団各団員・会員。現代音楽演奏団体Ensemble Contemporary α代表として現代音楽の演奏会企画・制作に携わる。教員として神戸大学、姫路市立生涯学習大学校、神戸シルバーカレッジ、神戸女学院大学に出没。

    <続きを表示する>

    作品(1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)