ホーム > 高橋 多佳子

高橋 多佳子 1964 Takahashi,Takako

5652
  • プロフィール (961文字)

  • 1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクールで第5位に入賞し、一躍楽壇に飛び出したピア二スト。ショパン国際コンクールのほか、ポルト国際コンクール(ポルトガル)第2位および現代音楽最優秀演奏賞、ラジヴィーウ国際コンクール(ポーランド)第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞など、輝かしい受賞歴を有する。
    桐朋学園大学音楽学部卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。
    加藤伸佳、J.エキエル、下田幸二の各氏に師事。またV.メルジャノフ、H.チェルニー=ステファンスカ等の名ピアニストからも薫陶を受けた。現在、桐朋学園大学非常勤講師。
    ソロ・リサイタルやオーケストラとの共演など、演奏活動は日本とポーランドを拠点にほぼ全ヨーロッパに及ぶ。世界の著名な国際音楽祭にも多数出演。オーケストラとの共演は国立ワルシャワ・フィルをはじめ各国にわたり、日本では東京響、東京都響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、神奈川フィル、大阪センチュリー、札幌響、京都市響、アンサンブル金沢、名古屋フィル、仙台フィル、山形響、群馬響、九州響、広島響、中部フィル等の主要オーケストラと数多く共演している。
     すでに19枚のCDをリリースし、殊に《ショパンの旅路》(全6タイトル)、《ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番&ムソルグスキー:展覧会の絵》、 《リサイタル「ショパン with フレンズ」~奇跡の年~》は、“レコード芸術誌特選盤”となる。2006年からはソロ活動に加え、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成。CD《グレイス》、《ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/サン=サーンス:動物の謝肉祭》は共にレコード芸術誌特選盤”に選ばれた。2010年3月より浜離宮朝日ホールにて全4回に亘る《ショパンwithフレンズ》~奇跡の年~シリーズを開催、各会ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。2014年10月からは主要ソナタをプログラムの中心に据えた《名曲達の饗宴》シリーズを開催、また《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加するなど、ますます意欲的な活動を展開している。
     公式ブログ http://yaplog.jp/takaland/
    <続きを表示する>