ホーム > 山田 泉

山田 泉 1952-1999 Yamada, Izumi

  • 解説:屋野 晴香 (268文字)

  • 更新日:2018年4月24日
  • 1952(昭和27)年7月10日~1999(平成11) 年4月10日

    東京藝術大学で作曲を石桁真礼生と間宮芳生に、大学院で松村禎三に師事。文学青年でもあり、歴史文学からのテキストを用いた《レクイ エムI 「地獄草紙」》 、 《レクイエムII「天明癸卯 年所々騒動留書」 》、 《鎮魂 戦城南》などの作品にそれが反映されている。1992(平成4)年、 《一つの素描 ピアノとオーケストラによるII》 で第2回芥川作曲賞を受賞。桐朋学園短期大学助教授を務めていたが、46歳で没した。2002 年、父により追悼集『細やかな記憶』が出版された。

    執筆者: 屋野 晴香
    <続きを表示する>

    作品(7)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    ピアノ独奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (5)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)