ポンセ 1882-1948 Ponce, Manuel

  • 解説:齊藤 紀子 (260文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • メキシコの作曲家。交響詩やヴァイオリン協奏曲の他、ピアノ曲や歌曲、ギター作品を作曲した。ロマン派に位置づけられるような作風に始まり、徐々に民族的要素を近代風に採り入れていった。10代の時にアグアスカリエンテス市の教会の合唱に加わり、オルガニストも務めていた。メキシコ国立音楽院を経てイタリアとドイツに留学し、帰国後はピアニストや作曲家として活動する傍ら、音楽の指導にもあたった。後年、再びヨーロッパを訪れ、パリでデュカスと出会っている。1933年には母校のメキシコ湖奥率音楽院のピアノ科の教授に就任し、臨時院長も務めた。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(4)

    ピアノ独奏曲 (3)

    バラード (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ラプソディー (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    組曲 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)