ホーム > ボワエルデュー

ボワエルデュー 1775-1834 Boieldieu, Francois Adrien

316
  • 解説:実方 康介 (184文字)

  • 更新日:2010年1月1日
  • 19世紀初頭の代表的なフランス・オペラ作曲家として知られる。父はルーアンの大司教書記を務めており、幼少時は教会の聖歌隊に所属した。10代で二つのオペラを作曲して音楽家としてのキャリアを開始。オペラ「バグダッドのカリフ」などで成功した。その後ケルビーニの助言を受け入れて本格的な作曲技術を習得後、代表作となる「白衣の夫人」を発表。パリ音楽院の作曲科教授で指導にあたった。

    執筆者: 実方 康介
    <続きを表示する>

    作品(12)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    ピアノ協奏曲 ピアノ協奏曲 ヘ長調

    調:ヘ長調  作曲年:1792  総演奏時間:22分10秒 

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (2)

    ソナタ (4)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    室内楽 (1)

    室内楽 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)