ホーム > ベンダ

ベンダ 1722-1795 Benda, George Anton(Jirí Antonín)

312
  • 解説:齊藤 紀子 (261文字)

  • 更新日:2008年9月1日
  • ボヘミアの作曲家。存命中にモーツァルトやハイドンにならぶ人気を誇ったとされる交響曲の他に、室内楽や、教会カンタータ、世俗カンタータ、合唱曲などを作曲した。1750年にはゴータの大公フリードリヒ3世の宮廷楽長に任命された。1760年代半ばには、イタリアに留学もしている。同地で知った

    ガルッピやグルック、パイジェッロらのオペラと、ゴータを訪れたザイラー劇団の影響から、《ナクソス島のアリアドネ》(1775)や《ピグマリオン》(1779)といったメロドラマ、《ロメオとジュリエット》(1776)などのジングシュピールを創作した。

    執筆者: 齊藤 紀子
    <続きを表示する>

    作品(5)

    ピアノ独奏曲 (3)

    ソナチネ (2)

    メヌエット (1)

    動画(0)

    解説(0)