ホーム > ピアノ曲事典 > 別宮 貞雄

別宮 貞雄 1922-2012 Bekku, Sadao

  • 解説:須藤 英子 (265文字)

  • 更新日:2007年5月1日
  • 東京生まれ。高校時代に池内友次郎に作曲を師事するが、東京大学では理学部物理学科(1946年卒業)、および文学部美学科(50年卒業)にて学ぶ。47年、柴田南雄の誘いで新声会入会。48年には、歌曲集《淡彩抄》にて日本音楽コンクール第1位入賞。その後51年に渡仏し、パリ国立音楽院でミヨー、メシアンらに師事。帰国後55年からは桐朋学園大学で教鞭を執る。12音技法等前衛音楽を多く体験しながらも、それに批判的な態度をとり、旋律の持つ叙情性と古典主義的な構築性を重視した音楽を創作。特に歌曲の分野において評価が高い。尾高賞、毎日芸術賞受賞。

    執筆者: 須藤 英子
    <続きを表示する>

    作品(7)

    ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ) (1)

    協奏曲 (1)

    動画(0)

    楽譜(0)

    ピアノ独奏曲 (4)

    ソナチネ (2)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    子供のための作品 (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    ピアノ合奏曲 (1)

    ★ 種々の作品 ★ (1)

    動画(0)

    解説(0)

    楽譜(0)