ホーム > クーラウ > オペラの旋律による3つのロンド

クーラウ :オペラの旋律による3つのロンド Op.113

Kuhlau, Friedrich:3 Rondos für Klavier über Opern-Melodien Op.113

作品概要

出版年:1830年 
初出版社:Paris
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント

解説 (1)

総説 : ゴーム・ブスク (翻訳:石原利矩 監修:上田泰史) (486文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

・初版譜の詳細 Fréd.クーラウにより作曲されたピアノのための3曲の華麗なロンド、第1番《リチアルドとゾライデ》の主題、第2番《タンクレード》のポロネーズ、第3番《ジョコンド》の主題、作品113、No 1~III、価格12グロッシェン、著作権は編集者にあり、ライプツィッヒ、C.F.ペータースの音楽事務所、組合のアルヒーヴに登録、パリのファランク社、プレート番号第1番2339、第2番2340、第3番2341、ロンドンのグルディング・ダルメイン社。3冊本、プレート番号2339~2341(1832年7月、8月)、各11、11、11ページ、縦長版、彫版印刷。AmZ、広告のページXV、1832年11月に広告掲載。1831年10月28日ファランク社に送付。  各曲の旋律は次のオペラから取られている。 ロッシーニ:《リチアルドとゾライデ》1818年12月3日ナポリ初演。 ロッシーニ:《タンクレディ》1813年2月6日ヴェニス初演、1820年10月30日コペンハーゲン初演。 イズアール:《ジョコンド》1814年2月28日パリ初演、1817年10月14日コペンハーゲン初演。

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。