ホーム > クーラウ > F. エロールのオペラ《マリー》による2つのロンド

クーラウ :F. エロールのオペラ《マリー》による2つのロンド Op.97

Kuhlau, Friedrich:2 rondos für Kavier über F. Herold's "Marie" Op.97

作品概要

出版年:1829年 
初出版社:Copenhagen
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント

解説 (1)

総説 : ゴーム・ブスク (翻訳:石原利矩 監修:上田泰史) (281文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

・初出 『オデオン』紙、第3巻、第1号、2~11ページ。 ・初版譜の詳細 F.クーラウによってピアノフォルテのために作曲された愛好されたオペラ《結婚》の主題による2曲の華麗なるロンド、作品97、No 1~2、著作権は編集者にあり、価格12グロッシェン、コペンハーゲンのC.C.ローセ社、2冊本、11,11ページ、横長版、彫版印刷。『アドレッセ』紙1829年3月6日号に広告掲載。 《結婚》はエロール(Louis Joseph Ferdinand Hérold, 1791-1833)のオペラ。1826年8月12日パリ初演、1830年9月25日コペンハーゲン初演。

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)