ホーム > クーラウ > オペラの旋律による3つのロンド

クーラウ :オペラの旋律による3つのロンド Op.73

Kuhlau, Friedrich:3 Rondos für Klavier über Opern-Melodien Op.73

作品概要

出版年:1825年 
初出版社:Copenhagen
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント

解説 (1)

総説 : ゴーム・ブスク (翻訳:石原利矩 監修:上田泰史) (617文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

・初出 『ニュー・アポロ』紙、第11巻、第2号、56~64ページ(第1曲)、第12巻、第1号、2~10ページ(第2曲)、同34~44ページ(第3曲)。 ・初版譜の詳細 F.クーラウによって作曲されたピアノフォルテのための愛好されたオペラのメロディによる3曲の易しいロンド、作品73、オペラの旋律による[作品の]第3回目の発刊、第1~3番、著作権は出版社にあり、コペンハーゲンのC.C.ローセ社。3冊本、1826年、各9、9、11ページ、横長版、彫版印刷。 『アドレッセ』紙1826年1月20日号(第1曲)、1826年4月10日(第2曲)、1826年4月24日(全曲)、1826年5月12日に広告掲載(その際、3曲目を「泥棒かささぎ」と訂正)。 オベール《雪》は1823年10月9日にパリで初演された。コペンハーゲンではオベールの最初のオペラでSneen(雪)と題して1825年9月14日に演奏された。オペラのロンドの合唱部分が現れ、本作に登場する6/8のメロディ(変ホ長調)を構成する。 ロッシーニ:《セビリアの理髪師》は1816年2月20日にローマで初演された。1822年9月14日にコペンハーゲン初演。 ロッシーニ《泥棒かささぎ》は1817年5月31日、ミラノで初演。1824年2月19日に、コペンハーゲンにて初演。このロンドは、当初「《セビリアの理髪師》による」と書かれていた。第2主題はロンドの第64小節、第152小節にある。

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)