チェルニー(ツェルニー) :24の性格的大練習曲 Op.692

Czerny, Carl:24 grandes études caractéristiques Op.692

作品概要

出版年:1843年 
初出版社:Breitkopf und Härtel
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲

解説 (1)

総説 : 上田 泰史  (530文字)

更新日:2014年11月18日
[開く]

1830年代後半、練習曲は指の独立や指の敏捷さ、特殊な指使いといった実用的目的の枠を越え、自立した作曲ジャンルとなっていた。チェルニーの弟子テオドール・デーラーによる《演奏会用練習曲集》作品33やパリ音楽院に学んだアンリ・ラヴィーナの《12の演奏会用練習曲》作品1は高度な技巧の克服とその和声、旋律の美点によって聴手を魅了することを狙いとしている。チェルニーがこの練習曲集で目指したのはこの種の演奏会用練習曲であり、彼の書いた練習曲集中、作曲的観点において最も集中度の高い練習曲である。

ライプツィヒ、パリ、ロンドン、ミラノで出版された。以下、パリ版に基づいて解説する。24曲中18曲にタイトルがついており、曲の性質(「軽快」、「平穏」)、人間の行動(「大笑い」)、作曲ジャンル(「セレナード」、「バラード」)、文学作品のタイトル(「孤独者の散歩」*ルソーの随想より)、自然の情景(「大洋の波」)など多様な観点から独自のタイトルが与えられている。第2集の前半は、「子どもの歌」、「青春の楽しみ」、「若人の希望」、「波乱の人生」、「老人の想い出」、「信心」と順序だてられ、幼年時代から老境にいたる人生の縮図を描く。終曲を「根気」としたのは如何にもチェルニーらしい。

執筆者: 上田 泰史 

楽章等 (24)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

「心の動揺」ヴィヴァーチェ・アッサイ Op.692-5

調:ヘ短調  総演奏時間:3分20秒 

解説(0)

楽譜(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

「波乱の人生」プレスト・アジタート Op.692-16

調:ハ短調  総演奏時間:2分50秒 

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

「バラード」アンダンテ・ソステヌート Op.692-19

調:ト変ホ長調  総演奏時間:7分10秒 

解説(0)

楽譜(0)

「大洋の波」アレグロ・モルト・アジタート Op.692-20

調:ハ短調  総演奏時間:2分40秒 

解説(0)

楽譜(0)

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。