アルカン, シャルル=ヴァランタン :アレルヤ Op.25 ヘ長調

Alkan, Charles-Valentin:Alleluia F-Dur Op.25

作品概要

出版年:1844年 
初出版社:Bureau Central de Musique
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

総説 : 上田 泰史  (252文字)

更新日:2014年11月20日
[開く]

出版:Paris, Bureau central de musique, 1844

本作は1844 年にアルカンが出版した一連の意欲作(『騎士』作品17、『サルタレッロ』作品23、『ジーグと古風な様式によるバレエのエール』作品24、『鉄道』作品27)の中でも宗教人としての姿を示す一曲。アルカンは敬虔なユダヤ教徒だった。12/8 だが1 拍は3 分割ではなく記譜の通り2 分割であることを意識すること。左手の和音が掴みきれない箇所は最低音をよく響かせた後に残りの音を控えめに弾くとアウトラインが明確になる。

執筆者: 上田 泰史 
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。