アルカン, シャルル=ヴァランタン :サルタレッロ Op.23 ホ短調

Alkan, Charles-Valentin:Saltarelle e-moll Op.23

作品概要

出版年:1844年 
初出版社:Bureau Central de Musique
献呈先:Madmoiselle Elisa Poussielgue
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:その他の舞曲
総演奏時間:3分15秒

解説 (1)

執筆者 : 和田 真由子 (418文字)

更新日:2008年4月1日
[開く]

1844年に作曲された。8分の6拍子 ホ短調 プレスティッシモ。演奏所要時間は約3分30秒。楽譜は視覚的にシンプルだが、これを指定のスピードで演奏をするのはかなり難しい。冒頭から最後まで3連音符が一貫して奏される。同じパッセージが繰り返されているが、それに少しずつ装飾が加わって曲の華やかさが増している。同音連打が多いので、指使いにも工夫が必要であろう。

中間部はイ長調。ppで極めて繊細に。縦の刻みが強調されていたこれまでの部分に対して、右手には一つの大きなスラーがかかっており、非常になめらかにパッセージを奏する。左手は重低音を生かしながらはっきりと拍を刻み、曲に推進力をもたせる。これが大きな跳躍とアクセントを伴って盛り上がり、ffになり、高音域で華やかな音色を響かせる。再びホ短調に戻り、曲は一気に加速、最後はfffで華々しく曲を閉じる。

知名度は低いが、華やかさと楽しさを兼ね備えており、アンコールピースなどにも最適な一曲である。

執筆者: 和田 真由子
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜 (0件)