ホーム > ピアノ曲事典 > ショパン > ワルツ 第14番 ホ短調

ショパン :ワルツ 第14番 KK.IVa/15 CT222 ホ短調

Chopin, Frederic:Valse no.14 e-moll KK.IVa/15 CT222

作品概要

作曲年:1830年 
出版年:1868年 
初出版社:Warsaw, Mainz
楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:ワルツ
総演奏時間:1分10秒

解説 (1)

執筆者 : 齊藤 紀子 (225文字)

更新日:2007年6月1日
[開く]

1830年に作曲され、遺作として1868年に出版されたホ短調のワルツ。曲の冒頭にテンポを表す指示は見られない。8小節の序奏をもつ3部形式。充実したピアノ音楽的書法で曲全体がまとめられており、規模、内容共に、存命中に出版されたショパンの他の作品に遜色はない。

主部は技巧的な性格を前面に出し、跳ね回るかのような雰囲気を醸し出している。一方、中間部ではホ長調に転じて「ドルチェ」とし、息の長いフレーズ感や、左手の低音から上がってくる音形などが特徴的である。

執筆者: 齊藤 紀子
その他特記事項
ワルツ番号はパデレフスキ版による。