ホーム > バルトーク > 3つの練習曲 Op.18 > 第3番 ルバート-テンポ ジュスト(カプリチオーソ)

バルトーク :3つの練習曲 Op.18 第3番 ルバート-テンポ ジュスト(カプリチオーソ) BB 81 Sz 72

Bartók, Béla:Etõdök Op.18 No.3 Rubato - Tempo giusto (capriccioso)

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:2分00秒
著作権:パブリック・ドメイン

解説 (1)

解説 : 舘 亜里沙 (159文字)

更新日:2020年9月1日
[開く]

第3曲(ルバート‐テンポ・ジュスト・カプリチオーソ)は、序奏を伴う三部形式(A-B-A')で書かれており、3曲中形式については最も把握しやすい。中間部に明確な旋律線が現れるのに対し、AおよびA'部分では、幅広い音域をジグザグに動き回る左手の16分音符と不定周期で現れる右手の和音が、拍子感を崩すような緊張感を生み出す。

執筆者: 舘 亜里沙

楽譜 (0件)