ホーム > ピアノ曲事典 > メンデルスゾーン > 真夏の夜の夢 > 1. スケルツォ > スケルツォ(メンデルスゾーンの劇音楽「真夏の夜の夢」より)

ラフマニノフ :スケルツォ(メンデルスゾーンの劇音楽「真夏の夜の夢」より)

Rakhmaninov, Sergei Vasil'evich:Scherzo (Mendelssohn: A Midsummer Night's Dream)

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:リダクション/アレンジメント
総演奏時間:4分30秒
原曲・関連曲: メンデルスゾーン1. スケルツォ

解説 (1)

執筆者 : 樋口 愛 (253文字)

更新日:2007年10月1日
[開く]

メンデルスゾーンの劇音楽《真夏の夜の夢》をピアノ独奏曲に編曲された作品。ラフマニノフ自身がピアニストであったため、コンサートのレパートリー(通常はアンコール)としてこよなく愛し、演奏していたようだ。

曲の構成は8分の3拍子のト短調、アレグロ・ヴィヴァーチェで書かれている。メンデルスゾーンの細かいスケール的なメロディー、16分音符中心の休みのない急がしいスケルツォであるが、ラフマニノフはピアノ小品ながら、原曲のオーケストレーションを感じさせ、ダイナミクスや装飾、和声感、技巧をこらした作品に編曲されている。

執筆者: 樋口 愛

楽章等 (1)

真夏の夜の夢

総演奏時間:4分30秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)