ホーム > ラヴェル > 夜のガスパール > 絞首台 変ホ短調

ラヴェル :夜のガスパール 絞首台 変ホ短調

Ravel, Maurice:Gaspard de la nuit "Le gibet" es-moll

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

解説 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (157文字)

更新日:2020年9月1日
[開く]

2.絞首台 / "Le gibet"

絞首刑囚の死を告げるような鐘の音が、終始一貫して変ロの音で刻まれる。夜になると、その鐘の音に交じって聞こえてくるのは、風か、死者のすすり泣きか、頭蓋骨から血のしたたる髪をむしっている黄金虫か……。不気味な夜の世界、死の世界を、鋭い和声感やリズムをもって、リアルに描き出している。