ホーム > ラヴェル > 夜のガスパール > オンディーヌ 嬰ハ長調

ラヴェル :夜のガスパール オンディーヌ 嬰ハ長調

Ravel, Maurice:Gaspard de la nuit "Ondine" Cis-Dur

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:6分30秒

解説 (1)

解説 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (189文字)

更新日:2020年9月1日
[開く]

1.オンディーヌ / "Ondine"

第1曲の「オンディーヌ」では、細かく刻まれた右手の連打の響きの中に、優雅で幻想的なメロディーが浮ぶ。人間の男に恋をしたオンディーヌ(水の精)が結婚をして湖の王になってくれと頼む。男がそれを断ると、オンディーヌはくやしがり、しばらく泣くが、やがて大声で笑い、激しい雨の中を消え去る。この上なく緻密な書法によって、水の世界を見事に表現している。