プロコフィエフ :バレエ「ロメオとジュリエット」からの10の小品 僧ロレンツォ Op.75-7

Prokof'ev, Sergei Sergeevich:10 Pieces from 'Romeo and Juliet' "Friar Laurence" Op.75-7

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:3分30秒

解説 (1)

解説 : 野原 泰子 (184文字)

更新日:2019年1月9日
[開く]

第7曲〈ローレンス修道士〉Andante espressivo

バレエの第2幕、第2場(No.28)、ロメオがローレンス修道士を尋ね、ジュリエットへの愛を打ち明ける場面の音楽。ローレンスは二人の挙式を約束し、モンタギュー家とキャピュレット家の反目に終止符が打たれることを密かに願う。バレエではチェロとオーボエが奏でる温かな旋律は、ローレンスの慈愛に満ちた人柄を映し出す。

執筆者: 野原 泰子

ピティナのYoutubeチャンネル (0)

現在視聴できる動画はありません。  

その他の音源・動画 (1)

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。