ショパン :エチュード集(練習曲集) 第8番 Op.25-8 CT33 変ニ長調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.8 Des-Dur Op.25-8 CT33

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:1分20秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:展開1 展開2 展開3

楽譜情報:17件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22821 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (336文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

変ニ長調、2分の2拍子、Vivace

前の憂鬱な性格の第7番とは対照的で煌びやかな性格をもつ。

両手での6度の重音が課題となる。6度の重音は基本的に、右手でいえば、1、2の指が内声を、3、4、5の指が外声を、左手では、3、4、5の指が外征を、1、2の指が演奏することになるため、隣接する指の切り替えと、両声部を同時に打鍵する能力が求められる。左手は拍頭のバス音と次に続く6度の重音までが跳躍音程であるため、素早いポジションの移動と正確な打鍵が必要である。一方で、右手は最上声部の主旋律がレガートに聞こえるよう、そして内声とのバランスに注意を払うことも不可欠である。

A-B-Aの三部形式。28小節目からコーダとなり、33小節目から6度の重音の半音階で一気に最高音まで駆けあがる。

執筆者: 今関 汐里

楽譜 (8件以上)全件みる