ショパン :エチュード集(練習曲集) 第7番 Op.25-7 CT32 嬰ハ短調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.7 cis-moll Op.25-7 CT32

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:5分30秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:展開1 展開2 展開3

楽譜情報:17件
  • クリックして画像を開く
  • tab
22820 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (324文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

嬰ハ短調、4分の3拍子、Lento

緩徐楽章的な性格の作品。左手の旋律のカンタービレな奏法と、右手の内・外声の弾き分けが課題となる。

ショパンは、先立つ《練習曲》Op. 10の第5番〈黒鍵〉でも行ったように、この作品でも黒鍵上での親指の使用を認めている。この作品でいえば、特に12小節目の右手の内声dなどにみられるように、内声をよりレガートに演奏するための工夫であると考えられる。

左手の旋律は、チェロのような温かみのある音色で、情緒的に歌われる。右手の旋律は、基本的にこの左手の主旋律に応える形で、左手の模倣を奏でる一方で、時折左手が装飾音を奏でる際には主導的立場をとる。右手内声は、八分音符による重音を奏で、緩やかなニュアンスの移ろいを表現している。

執筆者: 今関 汐里

楽譜 (8件以上)全件みる