ホーム > バッハ > 組曲 イ長調

バッハ :組曲 BWV 824 イ長調

Bach, Johann Sebastian:Suite A-Dur BWV 824

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:組曲
総演奏時間:8分30秒

解説 (1)

執筆者 : 朝山 奈津子 (1015文字)

更新日:2008年4月1日
[開く]

《ウィルヘルム・フリーデマン・バッハのための音楽帖》に記されている組曲の断片であるが、G. Ph. テレマンの作であることが判っている。様式の違いからJ. S. バッハの作と見間違うことはないが、明澄で愛らしく、収まりの良い小品である。

アルマンドは階段状に下行する動機の連なりによって構成される。こうした音型はオルガン、とくにペダル声部に特有の語法だが、現代のピアノにおいても一定の効果を上げる。保続される音と変化していく音によって、擬似的な多声が生まれ、片手の単旋律だけでも遠近感が演出されるからである。ただし、和声感や動機の展開の点ではJ. S. バッハ風の音楽に聞こえなくもないが、バッハは組曲においてこうした単純な書法を「アルマンド」に用いることはほとんどない。

続くクーラントも同様の動機が用いられている。一貫して2声が保たれるが、右手と左手の役割分担、すなわち旋律と伴奏が明確に分かれ、左の手に動機展開がほとんど委ねられない点で、やはりJ. S. バッハの作品の典型とは異なっている。

アルマンドとクーラントは動機の上で明らかに関連がある。後続の楽章でこの組曲がどのような経過を辿るのかは知る由もないが、少なくともジーグはまったく違う内容を持っている。そしてこの楽章だけは、あらゆる点でバッハのジーグとは異なる。まず、対位法的な展開がきわめて不十分である。冒頭こそ模倣的に始まるが、すぐに和音と旋律によるホモフォニーとなり、声部書法が維持されない。また、三和音の連打が連続するような楽句は、バッハがどんな曲でもほとんど用いることがなかったような音型である。加えて、各部の和声進行がひじょうに単純で、和声リズムが遅い。とはいえ、8分の6の明確なジーグのリズムと、鍵盤の幅いっぱいにダイナミックに上行・下行する旋律は予測も理解も容易であり、親しみやすさに溢れている。

なお、テレマンは、作曲が職人仕事と見なされていたバロック時代においてさえ超人的な多作家だった。そのため、現代でもまだ、その創作の全容が完全に明らかになったとはいえない。

テレマンは当時、バッハよりも優れた音楽家だと評価されていた。ライプツィヒのトマスカントル選任は、1位のテレマン(および2位のグラウプナー)が辞退したために、3位のJ. S. バッハに繰り下げられたのだった。その作風は、この組曲にも表れているように、J. S. バッハとは明らかに異なっている。

執筆者: 朝山 奈津子

楽章等 (3)

アルマンド

総演奏時間:3分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

クーラント

総演奏時間:2分20秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

ジーグ

総演奏時間:2分50秒 

動画(0)

解説(0)

楽譜(0)

現在視聴できる動画はありません。