シベリウス :5つの小品(樹木の組曲) さびしい樅の木 Op.75-2

Sibelius, Jean:5 Pieces "The lonely fir" Op.75-2

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:曲集・小品集
総演奏時間:2分30秒

解説 (1)

解説 : 小林 由希絵 (308文字)

更新日:2019年1月6日
[開く]

 Grave、4分の2拍子、ハ長調。 曲名には「樅の木」と表記されることが多いが、最近の研究では樅の木ではなく、「松の木」であることがわかってきた。松の木というと、日本をはじめとするアジアのイメージが強いかも知れないが、国土の65%を森に覆われたフィンランドでは、モミの木、白樺、そして松の3つが森の主役と言われている。 ハ長調で書かれてはいるが、「Grave=重々しく」と明記され、フィンランドの長く厳しい冬の間をじっと耐え忍ぶ木々の情景が巧に描き出されている。 組曲の中で最もテンポが遅く、音数も少なめであるが、27〜28小節目には64分音符が華麗に駆け上がり、フォルテッシモで存在感たっぷりに堂々と幕を閉じる。

執筆者: 小林 由希絵
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (1件)全件みる

システム障害中