シューマン :幻想小曲集 寓話 Op.12-6

Schumann, Robert:Phantasiestüke "Fabel" Op.12-6

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:性格小品
総演奏時間:2分30秒
  • クリックして画像を開く
  • tab
20863 1

解説 (1)

解説 : ピティナ・ピアノ曲事典編集部 (224文字)

更新日:2019年8月8日
[開く]

寓話とは少々分かりにくい邦題だが、要するに現実の話ではない「おとぎ話」のことである。これもまた三部形式である。何ともシンプルな4小節のメロディーはこれまたハ長調で、非常に無垢で純真な印象を与える。対する十六分音符のモチーフでは要所で弱拍にアクセントを与えてあり、無邪気にはずむ子供のように思える。中間部は短調になり和音の連打からメロディーが生まれ出る。左右で上向するパッセージはどこか掴みどころがなく、やはりこれは「寓話」だったんだと思わせられる。