ショパン :エチュード集(練習曲集) 第11番 Op.10-11 CT24 変ホ長調

Chopin, Frederic:12 études Etude No.11 Es-Dur Op.10-11 CT24

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:練習曲
総演奏時間:2分30秒

ピティナ・ピアノステップ

23ステップ:展開1 展開2 展開3

楽譜情報:15件
  • クリックして画像を開く
  • tab
20776 1

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (313文字)

更新日:2019年8月7日
[開く]

ストックホルムの音楽文化財団Stiftelsen Musikkulturens Främjandeに自筆譜が所蔵されている。

1830~32年作曲。

変ホ長調、4分の3拍子、Allegretto

両手の分散和音を弾く練習。身体的運動としての側面からみると、両手首、上腕の柔軟性と俊敏性、および、敏速なペダルの踏みかえが課題となろう。

右手の最高音は、旋律としての機能を担っていると同時に、和音の構成音としての役割も果たしている。左手の最低音は、バス音として他の声部を支える役割を果たしているが、バス声部だけに着目すると、右手の旋律の対旋律としても聴かれうる。

高音の煌めくような響きと、和音の揺蕩うようなニュアンスの変化が印象的である。

執筆者: 今関 汐里

楽譜 (8件以上)全件みる