ベーベル :リゴドン

Babell:*in preparation*

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★
ピティナ・コンペ課題曲2018:A1級

解説 (1)

解説 : 今関 汐里 (330文字)

更新日:2018年3月15日
[開く]

 リゴドンは、南フランスを起源にもつ民俗舞踊の名称である。ダンスをこよなく愛したフランスの王ルイ14世の時代に様々なダンスが発展した際には、パリやヴェルサイユで、宮廷舞踊としても人気を博していた。一般的に2拍子系(4分の2拍子や4分の4拍子)であることから、リゴドンの振り付けや音楽は、躍動的で、軽やかさを特徴としている。

 この曲は、大きく分けてA-B-Aの3つの部分から構成されており、A、Bはそれぞれに異なる性格を持つ。イ短調で書かれているA部分は、右手と左手がそれぞれにメロディを奏で、語りのように滑らかである(1~8小節)。平行調であるハ長調で始まるB部分は、四分音符による左手の和音が右手のメロディの軽快さを助長させ、A部分との対比を際立たせている。

執筆者: 今関 汐里

ピティナのYoutubeチャンネル (3)

その他の音源・動画 (0)

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。