ホーム > クーラウ > 戴冠行進曲 第1番

クーラウ :戴冠行進曲 第1番 DF206a

Kuhlau, Friedrich:2 Krönungsmärsche. Klavierauszug DF206a

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:行進曲

解説 (1)

総説 : ゴーム・ブスク (翻訳:石原利矩 監修:上田泰史) (237文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]

・初出 『ニュー・アポロ』紙、1815年、第1巻、82~84ページと90~91ページ、C.C.ローセ社。 『アドレッセ』紙1815年8月14日号と9月27日号に広告掲載。 ・初版情報  国王フレゼリク6世陛下のフレゼリク城における戴冠式の際、クーラウによりピアノフォルテのために編曲された行進曲。No I-II、コペンハーゲン、C.C.ローセ社。『アドレッセ』誌1815年8月2日号に広告掲載。フレゼリク6世の戴冠式は、フレゼリク城の礼拝堂で1815年7月30日に行われた。

現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。