ブーランジェ, リリ :古い庭から

Boulanger, Lili :D'un vieux jardin

作品概要

楽器編成:ピアノ独奏曲 
ジャンル:★ 種々の作品 ★

解説 (2)

総説 : 平野 貴俊 (856文字)

更新日:2015年5月19日
[開く]

作曲:1914年5月26~27日作曲、6月3日完成、ヴィラ・メディチ(ローマ) 出版:パリ、リコルディ社、1919年 献呈:リリー・ジュメル 1914年5月から6月にかけて、ローマのヴィラ・メディチで作曲された。ヴィラ・メディチは、ローマ賞を受賞してまもない芸術家が滞在し、創作や仲間との交流を行うために設けられた施設である。リリ・ブーランジェは、1914年と1915年にそれぞれ約4か月ヴィラ・メディチに滞在し、歌曲集《空の晴れ間》など重要な作品を創作した。《古い庭から》、《明るい庭から》、《行列》は、ブーランジェが没した翌年、彼女が出版の独占契約を結んでいたミラノの老舗出版社、リコルディから最初に出版された。それから60年経った1979年、これらはニューヨークの出版社シャーマーから「3つのピアノ小品」として刊行され、以後広く親しまれている。 《古い庭から》は、ブーランジェがヴィラ・メディチで作曲した4つのピアノ曲のうち、もっとも早く完成したものである。歌曲を思わせる比較的自由な動きの旋律が精緻な和声に支えられ、夢想的で擬古的な雰囲気を醸しだす。献呈されたリリー・ジュメルは、ブーランジェがパリで知り合った人物のひとりであろう。5月27日にいったん完成された後、6月3日までの間に手が加えられ、11小節追加された52小節となった。手稿譜の冒頭には「変ニ短調[本作品の調性である嬰ハ短調を異名同音で読み換えた調]を怖がるなんて、わたしは哀れ。こういう場合の4分の3はどのようにすればよいのだろう?」と記されている。タイトルの「古い庭から」は、リコルディからの刊行に際して付けられたものであり、手稿譜には記されていない。演奏にあたっては、丁寧に書き込まれた強弱や速度の表記をできる限り守ることが望ましい。フレーズの開始が3拍目におかれている箇所に注意する。 ※本解説は『リリー・ブーランジェピアノ曲集』(校訂:平野貴俊、カワイ出版、2015)に掲載されたものをピティナ・ピアノ事典向けに改稿したものです。

執筆者: 平野 貴俊

総説 : 佐藤 祐子 (1266文字)

更新日:2018年3月12日
[開く]
現在視聴できる動画はありません。  

楽譜

楽譜一覧 (0)

現在楽譜は登録されておりません。